スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中継方式

再生中継方式はパルス符号変調で用いられ、S/N及び波形ひずみを改善して中継できるので復調した信号から送信側の符号と同じ符号を再生できる。

再生中継方式はイコライザにより波形を作り、判定し、再送信する。

検波中継方式は送られてきた電波を受信してその周波数を中間周波数に変換し、検波した信号で中間周波数の搬送波を変調した後、元の周波数に変換して増幅、送信する。

検波中継方式は中継するごとに、復調ひずみと変調ひずみが累積する。

ヘテロダイン中継方式は信号の変復調を行わないのでひずみが累積しない。

ヘテロダイン中継方式は単に中間周波数に落とし、増幅し、元の周波数に戻し再送信するだけである。

スポンサーサイト

サンプリングオシロスコープ

サンプリングによって入力信号は低い周波数領域に変換され、表示機には入力と相似な波形が表示される。

サンプリング周期を入力信号の周期より長くしないと左右が反転した波形になり、観測波形が非対称な場合、相似な波形が得られない。

周波数がfの正弦波を一周期に一回ずつn個サンプリングして相似波形を得たとき、垂直増幅器の所要高域遮断周波数はf/nであればよい。

ロールオフフィルタ

シンボルの間隔がTのとき理想矩形フィルタを用いてT間隔でインパルスを無ひずみ伝送するための必要最小限の帯域は1/2Tである。無ひずみとは符号間干渉が零であることを言う。

理想矩形フィルタは実現困難であるためカットオフがなだらかなロールオフフィルタが用いられる。このフィルタが無ひずみ条件を満足するためにはフィルタのインパルス応答がシンボル間隔Tの整数倍の時刻で零となる必要がある。

ロールオフフィルタのカットオフが急峻であるほど符号間干渉が多くなる。

充電方式

トリクル充電とは二次充電の自然放電を補うために、負荷から切り離して絶えず微小電流を流しておく方式。

浮動充電とは電源に電池を接続し、その電池を負荷に接続する方式。

FFTアナライザ

入力信号の周波数成分ごとの振幅と位相がわかる。

バースト信号など限られた時間内の信号が解析できる。

周波数の上限は標本化周波数できまる。

スペクトラムアナライザと組み合わせると周波数の上限が上がる。

プロフィール

falcmos

Author:falcmos
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。