スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FFTアナライザ

入力信号の周波数成分ごとの振幅と位相がわかる。

バースト信号など限られた時間内の信号が解析できる。

周波数の上限は標本化周波数できまる。

スペクトラムアナライザと組み合わせると周波数の上限が上がる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

falcmos

Author:falcmos
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。